浜松市出身、兄とふたり兄弟。幼い頃は「よく男の子にまちがえられたとか・・・」。小学校にあがる少し前、まんがに興味を持ち、貸本屋で借りて読みあさる。学校に上がった頃には、読むだけではつまらなくなり、まねをしてまんがを書き始める。小学校高学年から中学生にかけて、少年まんがばかりを読み、好きな本の似顔絵を描いたり、カットを描いたりして投稿し、100冊以上に掲載された。中学一年の夏休みを利用して48ページの大作をさる単行本の出版社に送り、2席に入選。
 高校時代より横山プロダクションに入り執筆。横山まさみちの『あぁ青春シリーズ』の扉絵等を描く。
 昭和40年8月、『あぁ青春・第21章・あおげ青雲』に「愛する事」という中篇を発表してデビュー。横山プロダクションでは「エコの青春ロマン誌」シリーズとして、昭和41年1月、最初の単行本である『三つの愛の物語』を発表、続いて翌42年1月には『愛と孤独の星』を刊行した。
 昭和42年4月、『週刊マーガレット 春の増刊』に「美しい青春」を発表して雑誌デビューを飾った。『週刊マーガレット』を中心として「ただいまの記録2分20秒5」、「チビでも選手」、「彼女はミセス」、「聖女はおいや?」、「ローマよさようなら」等発表し、人気作家の一人となった。
 昭和49年、学習誌『小学五年生』に「とびだせ!姫子」を連載、これが「うわさの姫子」シリーズとなり、「おはよう姫子」とあわせて『小学一年生』から『小学六年生』まで全誌に掲載される人気作となった。
 「うわさの姫子」は昭和60年度の『小学五年生』まで10年以上連載され、小学生に愛読された。
 また昭和55年には、『小学三年生』に「魔法少女ララベル」を掲載、東映動画によりアニメ化され、東映の魔法少女物の作品として人気を博した。(テレビ放送は昭和55年2月15日から、毎週金曜日の夜7時に、テレビ朝日系で放映された。)
 昭和63年、小学館スペシャル「元気な女の子のための新まんが雑誌」『ぴょんぴょん』創刊号(当初は隔月刊)より「フラッシュ・バニー」を連載。
 平成9年には『コミックゴン』に「ウェディング姫子 うわさの姫子平成版」を掲載した。
 また、平成17年12月8日発行の『小悪魔OLマル秘手帖』には、「うわさの姫子 OLデビュー!」編が読みきりで掲載されました。

「エッコのジャジャ馬日記」、作品掲載雑誌等