昭和22年1月13日、愛媛県伊予三島市に生まれる。7人兄弟の末っ子。「矢代まさこ」はペンネームだが、「正子」は本名。まんがを好きでかきはじめたのは、小学生のころ。自分で絵をかき、ぬり絵にして楽しんでいたのにも満足できなくなって、まんがをかき始めた。新城さち子氏に大きな影響を受けた。
 昭和36年、貸本誌『街』の第38回新人コンクールで入選。『街』52号に「姉(あね・おとうと)弟」が掲載された。(谷真沙美名義)
 15歳の時、金園社の単行本『すみれ』に掲載された「ちいさな秘密」でデビュー。16歳で大阪に出て、二十歳のとき、まんが家で新城さち子氏の弟である、山本まさはる氏と結婚。
 金園社の貸本『すみれ』、『虹』に中・短編を描き、虹文庫の1冊として最初の単行本『光の中の子供たち』を刊行した。昭和38年9月には若木書房の『こだま』、『泉』に中編を発表、同書房での活動が中心となり、「ようこシリーズ」全28巻を刊行した。
 昭和41年10月、『別冊マーガレット』10月号に「ちびっこ聖者」を発表、それまで「わりあい自由にかいていた」、貸本向け単行本マンガから雑誌に活動を移した。
 昭和43年、『COM』6月号から短編シリーズの連載を始め、『少年マガジン・キング・ジャンプ・サンデー・チャンピオン』と少年誌でも活躍した。
 昭和51年〜53年にかけて一時期、睦月とみのペンネームで執筆。

参考資料:『虹』39号、作品掲載雑誌等